役員借入金とは

役員と会議する様子

資金調達の一種として“会社役員からお金を借り入れる”という方法があります。
役員が法人に貸しているお金を「役員借入金」と呼び、会社の資金繰りに困った際に役員が建て替えを行った場合などに発生するお金のことを指します。
経営中に限らず、法人の設立時における開業費などの諸費用の資金調達手段として利用することもできる、柔軟な資金調達方法です。

手形の種類について説明するコンサルタント

当ページでは役員借入金について解説していきたいと思います!

自由度の高い資金調達

お金を借りる上で、借入期間と利息が重要となることは言うまでもありません。
役員借入金は、通常の借り入れとは異なり、個人による資金の提供になりますので、原則として期間と利息は法律の範囲内であれば自由に設定することが可能です。
いずれは返済しなければいけないものの返済開始日に特別な規定はありませんので、財務状況を勘案した上で返済できるという柔軟性があります。

無利息は注意

利息が個人の裁量に委ねられる役員借入金は、銀行や金融機関から借り入れるよりもコストが掛からないというメリットがあります。
しかしながら、役員借入金に対して“利息”を付さない場合、本来であれば払わねばならないお金が浮いたことになりますので、税務上「利益」として扱われる可能性がある点には注意が必要です。
よほどの短期間でない限りは無利息での貸し付けは避けた方が良いでしょう。

資本への振替も可能

解説図

負債を資本に組み入れるという返済方法もあります。
簡単に言うと「借り入れたお金を株で返す」という方法で、これをデットエクイティスワップ(Debt Equity Swap)と呼びます。

手形取引のリスクについて説明するコンサルタント

会社側は借り入れたお金を返さなくて良いというメリットがありますが、株の発行によって既存株主の持ち分割合が減ってしまいますので株主総会による決議が必要です。

ファクタリングとの違い

お金を手渡すイメージ

売掛金という「将来的には回収が可能なものの現金化に時間がかかる資産」を即時に現金として受け取ることができる点がファクタリングのメリットです。
経済産業省が発表している「中小企業における資金調達の課題」においても売掛金の運用を工夫しなければ経営が困難な企業は数多く存在する旨について触れられており、ファクタリングが重要な手段になっていると言えます。
また、ファクタリングはリスクヘッジの側面での利用も期待されています。
なぜなら、売掛金の回収が不可能になった場合にファクタリング会社側が負債をカバーしてくれる保障がつくからです。(「償還請求権なし」の場合)
利用する会社を慎重に選ぶことで売掛金に対するリスク管理も行うことができる点はメリットと言えるのではないでしょうか。

手形取引のデメリットについて理解する女性

ファクタリングと役員借入金には以下の点が異なりますので、両者の特性や性質を予め理解しておきましょう!

コストの違い

役員借入金と異なり、ファクタリングはお金を借り入れるわけではないので利子は発生しませんが、債権売却の際には“手数料”を支払う必要があります。
ファクタリングの方法によって支払う手数料の割合は変化しますが、売掛金の10~30%を手数料として支払わねばなりません。
これは期間によって異なるわけではありませんので短期になればなるほどファクタリングの方がコスト割合は高くなると言えます。
逆に長期間の借り入れの場合はその分金利が高くなりますので、ファクタリングの方がお得な可能性があります。

危険性について

役員借入金は「他人資本」に分類されます。
他人資本が増加すると会社の信用度合いを示す1つの指標である「自己資本比率」が下がりますので、会社の信用下落の要因となってしまいます。
なお、ファクタリングは売掛金の取引なので、それ自体においては信用情報に登録されるなどの影響はありません。
売掛先の企業に知られてしまうというリスクも2社間ファクタリング等で回避できるので、安全性や貸借対照表上の見た目はファクタリングの方が良いと言えます。
ただし、ファクタリングは本来入るはずであったお金が少なくなってしまいますし、借入金は借りている限り利息が発生します。

ファクタリングと手形取引の違いについて理解する女性

どちらも依存してしまうと経営難を招く危険がありますので、利用は計画的に行わねばなりません。
ファクタリングなどの他の資金調達と比較しながら、上手く使い分けることが重要です。