入金までの必要日数を比較

まず、資金調達手段別に申込みから実行(入金)までに要する日数をまとめました。
この比較からもファクタリングは優れた機動力を持つことがわかります。
同様に消費者金融による融資も最短即日決済が可能ですが、イメージの通り法外な金利が発生したり、融資額が限られることから推奨しません。

下記表はスマートフォンにて閲覧時は⇒方向にスライドして御覧ください。

金利 費用 事業規模 必要な手続き 必要な日数
(申込〜融資実行)
銀行融資 金利のみ 全て 担保の提供
(保証人・担保物件等)
1ヶ月程度
募集株式の発行 - 登記に要する費用・株主が増えた場合の利益分配率の希薄化 中小企業・大企業向け 株式総会での承認
株主の募集
法人変更登記
1~2か月程度
ファクタリング取引 手数料
(※金利が発生する場合もあり)
中小企業向け 2社間の場合、無し
(債権譲渡通知・登記が必要な場合あり)
即日~1週間程度
社債の発行 金利のみ 大企業向け 株式総会での承認
債権者の募集
(登記が必要な場合あり)
1~2か月程度
助成金・補助金等 - 金利及び専門家に書類を作成を頼む場合、その費用 全て 政府機関/市区町村への申請手続 2~3か月程度
消費者金融 金利のみ 個人事業主
中小企業向け
担保の確保
(保証人・担保物件等)
即日~1週間程度

迅速性に優れた資金調達を考察

それぞれの資金調達方法について、主要なものを迅速性の観点から解説したいと思います。

資金調達スピードを比較

銀行融資

最もメジャーな資金調達である銀行融資は金利が安く、長期での借入に有利となりますが、審査が非常に厳しい点や時間が掛かる点等を踏まえると迅速性に欠いていると言わざるを得ません。
また、担保の提供(不動産、連帯保証人)を求められる場合が多く、固定資産の少ない会社には不利な資金調達方法と言えます。

募集株式の発行

募集株式の発行とは会社へ直接出資を募り、その対価として株式を発行する方法です。出資された金員は負債ではなく、会社の物(純資産)となるため、返済が不要という大きなメリットがありますが、募集株式を発行すると登記簿上の「発行済株式総数」が変わるため、必ず変更登記が必要となります。
募集から払い込みまでに要する期間を1か月、登記に2週間掛かると仮定すると、約1~2か月の期間が必要です。
また、株式が増えると利益分配率や1株辺りの決定権の割合が下がるため、株主総会での承認を得なければなりません。

ファクタリング

ファクタリングは2社間・3社間共に手数料が安い上に、場合によっては費用もほとんど掛からないためコストパフォーマンスに優れています。
また、審査が比較的緩く、申し込みから融資実行までが即日~1週間と迅速性の観点からも非常に優れている資金調達方法です。
金利はファクタリング業者によって異なるため、複数の業者へ申し込みをし、最もコストに優れた業者を選ぶのが望ましいでしょう。
ファクタリング業者はサービサー(債権回収業務)を兼ねている場合もあるので、今後取引の無いような会社との債権の場合、早期に債権を売却し、回収を依頼するのも一つの手段です。
詳しくはファクタリング後に売掛先が倒産したら?を参照ください。

助成金・補助金等

個人事業主・会社を問わず、新規で事業を始める場合、補助金や助成金が受けられる場合があります。
金利が安く長期間での借入が見込めるため非常に人気のある調達方法ですが、書類作成が非常に高難度かつ膨大なため、殆どの方は専門家に依頼してしまいます。
申請は、会社や事業を行う場所を管轄する都道府県・市区町村や政府関係機関に対して行い、審査に1か月程掛かり、書類作成に要する期間を含めますと早くても2~3か月は掛かるでしょう。
審査基準は、銀行と同じく成長性、安全性が重視されます。

ファクタリングの助成金・補助金について理解する女性

時間に余裕があり、比較的経営状況が良ければ銀行融資や助成金申請を選ぶべきです。
しかし「今週末に現金が必要!」「滞納・赤字で融資は絶望的…」というケースではファクタリングが力を発揮するでしょう。

迅速性ならファクタリングが最も優れている

ファクタリング業者にもよりますが、書類さえ揃っていれば、最短で即日の融資も可能となっており、資金繰りが課題となっている事業者様に対して非常に有効な調達手段と言えます。
他の資金調達方法に比べて審査が緩く、書類作成等が不要なのも非常に魅力的です。
現在、多くのファクタリング業者の間で熾烈なサービス合戦が繰り広げられていますので、最も早く、費用の安い業者を見つける事をお勧め致します。

ファクタリングで資金調達に成功した男性経営者