知っておきたい!メリット・デメリット

数ある資金調達の中でファクタリングを選択した場合のメリット・デメリットを考察・解説致します。

ファクタリングのメリット

ファクタリング契約を取り交わす
ファクタリングが人気の理由

ファクタリングが中小企業の資金調達方法として注目されている最も大きな理由は銀行に比べて審査が圧倒的に緩い点にあると考えられます。
当ページを閲覧して頂いている方の中には、業績不振や効果租税の未納・滞納等を理由に銀行・信用金庫等の金融機関から融資を断られてしまった経験を持つ経営者様も少なくないかと存じます。

また、審査は通ったが不動産担保や人的担保(代表者以外の連帯保証人)の追加を求められてしまい、これら担保の提供が出来なかったため融資が受けられなかった、といった方もいらっしゃるかと思います。
これら金融機関は直近数年分の法人税確定申告書等(場合によっては試算表)を元に、収益性・成長性・安全性の観点から各々の基準で融資の可否を審査・判断します。
そのため、これらの基準を少しでも満たしていないと融資は受けられず、場合によっては大量の審査書類を用意し、長期間待たされた挙句に融資不可の判断を受けてしまうのです。

ファクタリングの審査基準

ファクタリングの審査において銀行と大きく異なるのは、債権の償還能力に判断基準の重きを置いている点です。
つまり、直近数年が例え赤字等で利益が出ていない場合でも、長く取引を行い、かつ、その売掛金が一定して入金されているのであれば、融資決定を勝ち取ることは難しいことではありません。
銀行融資を断られてしまった会社でも融資の可能性が見出せる点は非常に魅力的なメリットと言えるでしょう。

ファクタリングのデメリット

取引先に知られてしまう可能性
ファクタリング契約を取引先に知られてしまう可能性

ファクタリングは法的には金銭消費貸借契約又は債権譲渡に該当します。
3社間ファクタリングと呼ばれる方法を選択した場合、債権譲渡を伴う融資となるため、債務者へ通知又は承諾が原則として必要となります。
取引先からの信用低下のリスク法的文章の作成が必要といった理由が主なデメリットとして挙げられます。

2社間ファクタリングを利用する方法

こういったデメリットを回避する方法として、「2社間ファクタリングを利用する」「債権譲渡登記」を行う、といった方法が考えられます。
2社間ファクタリングは、ファクタリング利用者が有する債権を担保にし、ファクタリング業者から融資を受ける方法で、債権者と業者の2社間での契約となるため、取引先に通知等は無く、債務者の承諾も必要ありません。

また、債権を他に譲渡した旨を登記する「債権譲渡登記」を行った場合、債務者への通知・債務者の承諾が不要となるといったメリットもあります。
ただし、債権譲渡を行うと、譲受人が直接受取人となるため、譲渡は事実上知られてしまうでしょう。
よく検討した上でどのようなファクタリング方法を選ぶかを判断するのが望ましいです。

他の資金調達方法との比較・総評

事業資金のやり繰りをする男性

最もメジャーな資金調達方法の銀行融資ですが、不況の影響で審査基準は近年かなり厳しくなっていると言わざるを得ません。
その半面、インターネットの普及で電子債権の取引が活発に行われており、ファクタリングは新たな資金調達方法として高い効果が期待されています。
銀行融資が上手く行かなかった事業者様も是非一度検討してみてはいかがでしょうか。