企業間取引に於けるリスク

ファクタリングに係わらず、企業間での取引には常にリスクが付き纏います。
取引をする上での危険性を把握し、回避(リスクヘッジ)する事が非常に大切です。

ファクタリングリスクを解説するコンサルタント

①デフォルト・リスク

取引先のデフォルト・リスク

デフォルト・リスクとは、売掛先・未収先が倒産、吸収合併等により、債務を履行出来ない状態(債務不履行)に陥り、債権回収が不能となるリスクの事です。
企業間取引の場合、企業規模の大小の如何に係わらずいつでも起こりうる最も大きなリスクと言っても過言では無いため、常に取引先の経営状況には細心の注意を払い、把握しておく必要があります。

傾向と対策

債権譲渡を伴うファクタリング取引(三社間ファクタリング等)の場合、債権は譲渡人(ファクタリング利用者)から譲受人(ファクタリング会社)へ移転し、それに伴ってリスクも譲受人へ引き継がれ、譲受人の責任で売掛金や未収金を回収していく事になります。対策としては、原始的ではありますが、入金が遅れてきてしまっている取引先に関しては早め早めの催促を行った上、遅滞が長期又は複数回に及ぶ場合は早急な契約解除、取消し等の判断を行う事です。
取引先とは言え、自社の決算報告書等を公開する事はまず無いため、こういった日々の取引状況から対応を鑑みる必要があります。
また、売却額が低くなってしまってでも、債権を早めに譲渡してしまうのも一つの手です。

②過剰返品・不当返金リスク

過剰返品による在庫

過剰返品・不当返金リスクとは、売却した商品が返品、リコール等によって売掛債権が減少してしまう危険性の事で、債権の希薄化リスクとも呼ばれます。
返品・返金により、資産(売掛金)及び収入(売上)が減少してしまうため、返品が一度に大量に起こってしまうと一気に経営が傾いてしまう恐れがあります。

傾向と対策

まず、出荷した商品に対し「何%の商品が返品されるのか」を知る必要があります。
事業を始めたばかりですと、この数字がはっきりしないため、不安定な経営となりがちですが、長く経営を続ける事によって徐々に固まってきます。
売上の内、返品分を予め除外して考える事により、より安定した経営が見込めるでしょう。
もちろん、不良品・返品を減らすといった企業努力も必要です。
ファクタリング取引に於いても、返品分を除外した分を担保や譲渡債権とする事によって後々のトラブルを回避する事に繋がります。

ファクタリング取引自体にリスクはあるのか?

ファクタリング取引に潜む危険性をご紹介していきたいと思います。

③取引先に知られてしまう可能性

経営悪化を悟られるリスク

債権譲渡や担保提供は、取引先からの信用悪化を招き兼ねません。
長期間の付き合い、取引等で深い信頼関係を築けているのであれば良いですが、新規の取引先、大手企業等は少しの信用悪化で契約解除、契約の取消に繋がる可能性があります。
譲渡する債権、提供する担保はこういった取引先のものは避け、知られても良い取引先のものを選ぶ判断が非常に重要です。
また、2社間ファクタリングのような取引先への通知を伴わないファクタリング手段を選ぶという方法もあります。

④悪質な業者の存在

悪質な運営を行うファクタリング業者

近年、ファクタリング業者を語る無許可貸金業者(所謂、闇金業者)が増加しており、それに比例して、こういった業者の被害に合う企業が増加しています。
これら悪質業者は、債権を担保に法外な利息で金銭を貸し付け、利用者から搾り取るだけ搾り取り、回収不能となったら債権を取り上げるといった非常に卑劣な手口を用いており、ファクタリングを行う上で大きなリスクとなっていると言わざるを得ません。

ファクタリングを利用する際は、ファクタリング業者をしっかりと検証、調査した上で利用するよう心がける事が大切です。
少しでもおかしいと感じたら、絶対に契約は結ばないようにしましょう。

悪質ファクタリング業者について理解する女性

取引先の倒産リスク風評被害詐欺業者と注意すべき点は多いのですね。
ファクタリングを検討する方は不利な立場であることが多く、弱みにつけ込む悪質なケースあることを肝に銘じておきましょう。