ファクタリング後の返済サイクル

ファクタリングには、契約内容によって、後日返済が必要なもの返済が不要なものがあります。
鋭い方は、融資に該当しないファクタリングでは「返済」は存在しないのでは?と指摘されると思いますが、ここでは後日支払う費用=返済と考えて解説します。

2社間は返済が必要

ファクタリングの支払いサイクル

2社間ファクタリングは、利用者の有する売掛金・未入金等の売上債権をファクタリング会社へ売却し、買取金額分の入金を早期に受ける方法です。
法的には売買契約(場合によっては、金銭消費貸借契約)に該当するため、ファクタリング利用者は、取引先からの売掛金等の入金後、ファクタリング会社へ融資を受けた分の金員・金利等の返済が必要になります。
一方、締結したファクタリング契約がABL(債権担保融資)方式を取る場合、売上債権をファクタリング業者へ担保として提供し融資を得る形となります。

ファクタリングの担保について解説するコンサルタント

担保制度とは、債務者が債権者に対し債務を履行出来なかった場合、債権者が受けた損害を補填するため、予め債務者より提供された不動産や動産等の担保の所有権を債権者に移行させる制度です。

ABL方式の場合、ファクタリング利用者はファクタリング会社に対し売上債権を担保として提供し、債務を履行出来なかった場合(お金を返せなかった場合)、売上債権の債権者はファクタリング会社へ移行します。
売上債権がファクタリング会社へ移行すると、ファクタリング会社は独自の責任に於いて回収を行い、ファクタリング利用者は入金を促したり、取り立てたりする事が出来なくなってしまいます。

なお、売上債権がファクタリング会社に移っても、移行した担保で債務を全て賄えない場合にはファクタリング会社への債務は無くならないため、不足分は支払う必要があります。
このように、ファクタリングの方式によって弁済の方法や流れが変わりますので、売掛金の支払日、返済の支払期日・期限をしっかりと把握した上、計画的にご利用ください。

ファクタリングの返済について理解する女性

即日現金が手に入るファクタリングですが、取引先から入金された売上金はすぐさまファクタリング会社へ返済しなければなりません。
キャッシュフローのズレが更なる経営悪化を招いてしまう危険性もあるので、中長期的な再建計画を考える必要があるのですね。

返済スケジュールの例

2社間ファクタリングの返済サイクル

2社間ファクタリングは前述した通り、ファクタリング会社への返済が必要になります。売掛金の入金は、2~3ヶ月後が支払い期日となる事が多いため、資金繰りのつなぎとしての活用に最も効果的な資金調達方法です。

分割での弁済は可能か?

分割返済可否について答えるコンサルタント

結論から申し上げますと、2社間ファクタリングの場合、ファクタリング業者への返済を分割で行うことは出来ません。
2社間ファクタリングは、取引先より受け取る売掛金をファクタリング業者から早期に入金してもらうというシステムのため、処理方法としては前受金に該当します。
分割で行うことを認めてしまうと、この期間に金利が生じてしまい、業者側からみると貸付金となってしまい、貸金業法に抵触してしまいます。
そのため、一般的には分割での支払いを認めておらず、もし分割払いを謳っているファクタリング業者がありましたら、闇金業者の可能性がありますので注意しましょう。

返済が不要なファクタリング

3社間ファクタリングは、債権をファクタリング会社へ売却し、その債権額に応じた金員を支払う方法により行われるため、契約後ファクタリング利用者に対する支払いが完了した時点で完結します。
したがって、ファクタリング利用者が本来受け取るはずであった債権(売掛金)はファクタリング会社へ直接支払われるため、返済・弁済という概念がありません。

ファクタリング業者には得意分野が分かれており、2社間ファクタリングの条件が良かったり、三者間ファクタリングの方が迅速に対応出来たりと、業者によって多種多様です。
会社の状況、支払期日等を勘案した上で業者選びを行いましょう。

ファクタリングの返済計画について理解する女性

ファクタリングはいわゆる”前借り”であるという意識を忘れずに、後日入金される売上は返済に当てなければならないことを理解しなければいけませんね。