流行が命のアパレル業!チャンスを逃さない経営

アパレル業のイメージ画像

アパレル業は主に“製造”と“小売”に分類されますが、どちらもファクタリングの利用価値は高くなっています。一般的な企業のように支払いサイトの長いタイムラグ問題もありますが、季節や流行により売れる商品が目まぐるしく変化するためです。インターネットの普及により消費者の情報量も増え、流行の変化は以前にも増して早まっています。仕入れと製造ともにセンスを求められ、損失を出してしまうことも多いですし、流行をいち早くキャッチすることが売上を大きく伸ばすチャンスへと繋がります。

流行に乗るにはスピードが重要

流行は日々変化している上に季節の影響も受けるので、売れる期間は非常に限られています。したがって、アパレル業に於いては常に季節を先取りして仕入れる事が何よりも重です。ある程度のトレンドの予測は立てられますが、実際にどれだけ売れるかは本格的なシーズンが始まってからでないと分からず、事前予想とは全く違う流行が起こるケースも十分に考えられます。流行に乗れば売上を大きく伸ばせる一方で、在庫を切らしたり出荷時期が遅れてしまったりすることで、損失を出してしまうケースも多い業界と言えるでしょう。“必要な時に流行している商品をスピーディーに提供する”ことがアパレルで成功する最重要事項なのです。

売れ残り在庫の価値は極端に下がる

季節の変わり目に“売り尽くしセール”と題したセールスをお見掛けした事はありませんか?70~90%OFFは当たり前で、「これで利益が出るの?」と目を疑う価格設定のものも珍しくない程です。このような営業を行わざるを得ない理由として“商品価値の下落”“保管コスト”という2つの大きなリスクが考えられます。

商品価値の下落

アパレルはシーズンが終わると商品価値が著しく下がってしまうため、来年まで取っておくという訳には行かず、出来るだけ早く処分してしまう必要があります。 アパレルは仕入れ値が非常に安い上に、このような事態を想定した上で価格設定を行っているため、大きな値下げを掛けても実は損失は少ないのです。

保管コスト問題

不良在庫を抱えると保管場所のコストが掛かるので、叩き売りをしてでも場所と資金を次の流行に投資するのがアパレルビジネスのセオリーです。ほかの小売であれば、ひとつのシーズンで失敗して利益を減らしてしまった場合は、コストを抑えた守りの商売で持ち直すこともできますが、競争の激しいアパレル業界においては、失敗して損失を出した時こそ次のトレンドに乗って巻き返しを狙わないといけません。当然、売上の下がった時に次の投資をするには資金の問題が出てきます。

高まるネット通販需要

高まるネット通販の需要

スマートフォンやPC、タブレット等が普及した事により、ネット通販の需要が年々高まりつつあります。“写真と現物で印象が違う”“サイズが合わない”といった「イメージ違い」が多かったため店頭で買うのが一般的だったアパレルですが、近年ではネットレビュー・正確な寸法等の記載がなされ、よりイメージに近い商品を手に入れる事が出来るようになりました。また、大手通販サイトのZOZOTOWNでは「採寸ボディスーツ」を開発し、約半年待ちという大ヒットを続けており、今後もネット通販の需要は高まっていくと予想されます。

カード決済も増加

ネット・店頭共に若者を中心にカード決済が増えています。世の中全体でキャッシュレス化の進行している影響もありますし、大手通販サイト“楽天”がクレジットカード事業に力を入れているという影響も大きいと考えます。カード決済は、ユーザー側から見ると非常に利便性に優れているため購買意欲が上昇する働きをしますが、店舗側は支払いスパンが遅くなる上にカード会社から手数料を取られてしまうというデメリットがあり、現金決済に比べて資金回転が非常に悪くなります。

キャッシュフロー改善が重要

流行・季節に応じて積極的な商品投資の求められるアパレル業において、クレジットカード決済の増加はキャッシュフローの停滞を招き、経営を一段と難しくしています。 もちろん現金で全てを賄えれば問題ありませんが、今後のカード需要を考えると、万が一の際の資金調達方法は予め確保すべきと考えます。 “即日現金化が可能”“不良債権を即時に現金に出来る” という点で、アパレル業にはファクタリングが非常にマッチしており、当該方法にて資金調達を行う企業が増加しています。ビジネスチャンスを逃さないためにも、急な資金繰りに対応出来るファクタリング会社を予め確保しておきましょう。