農業とファクタリング

農業のイメージ

野菜やお米は、人が生きていく上で欠かせない大切な食糧です。
海外からの輸入品に頼る一面も見受けられますが「お米は秋田県産が良い!」「贅沢するときは国産牛!」といった意見も多く見られます。

しかし、日本の農業従事者は高齢化に歯止めがかからず後継者不足に悩まされているのが現状です。
若い人の中には真剣に日本の農業へのアプローチに奮闘する人材も少しずつ増えてきましたが、それでも多くの事業者にとって人手不足は今もなお深刻な問題と言えます。

また、農業は収入が不安定なため、融資が中々受けられないという課題もあります。
当ページでは、農業と資金繰りについて・ファクタリングの活用方法等についてご紹介したいと思います。

農業の資金繰り問題

農業は天候に左右されやすい不安定な業種です。
そのため、天災や天候不良に伴う不作等によって急に資金調達が必要になるケースが後を絶ちません。
まずは、農業における資金繰りの問題やリスク・重要性を今一度再確認していきましょう。

収入が変動しやすい

農業には「農繁期」と「農閑期」と呼ばれる波があります。
これは農業をやる以上は避けられないものですので、きっちり農繁期と農閑期が現れる状態なら何も問題ありません。

最も怖いのは災害や気象状況によって農繁期に収穫が見込めない事態に陥ることです。
農繁期と災害が重なると当然収入も減ってしまいますので、農業を営む上で一番大きなリスクといっても過言ではありません。

代金の未収リスク

多くの農家は農協に加入しており、自身で販売や会計処理をする機会は少ないです。
しかし、最近は個人的に生産も販売も行う“直販”と言う形態も増えており、中には法人化して大きな取引を行う農家もいます。

法人クラスになると「掛け」による取引が増えるため、貸し倒れや債権の回収不能といったリスクは増加します。

どんぶり勘定の常態化

直販や法人化が増えてきているとは言え、昔ながらの家族経営の農家も少なくありません。
家族経営の場合、経営・財務状況をしっかりと監視するということが少ないため「どんぶり勘定」になってしまいがちです。

農業簿記の仕組みを勉強せずに農協に任せっきりの農家によく見られるトラブルで、気づいた時には「黒字なのにお金が無い」という事態に陥っている可能性があります。

ファクタリングが有効的とされる理由

トラクターとお金

リスクや問題点を多く抱える農業の世界。
しかしながら、資金調達方法を工夫すれば乗り切れるリスクも多く存在します。
最近では融資だけではなく、ファクタリングや不動産担保ローンなどを活用する農家も増えつつあります。

ファクタリングのメリットをよく理解し有効活用が出来れば、より安定した農業経営を目指すことも可能です。
具体的に、ファクタリングによる資金調達には以下のメリットがあります。

経営拡大の局面で有効

法人化した農家では、売掛金を扱う機会が多く設けられます。
しかし、掛取引では現金が入るまでの期間が長くなってしまうため、農機具や自身の体を酷使する農業の世界において、急な出費に対応できない可能性があります。 ファクタリングは早ければその日の内に入金されますので、緊急を要する資金調達にも対応が可能です。

また、ファクタリングは債権によって買取額が変動するため、数億円規模の資金調達も可能であり、経営拡大や大規模な機械化に踏み出したいシーンでも活用できます。

償還請求権がない

災害や気象の悪化が原因で収穫した作物は、どれだけ選定したとしても返品されてしまうリスクも抱えています。
しかし、一度検査に合格し「売掛金」として計上されれば、ファクタリングで早期現金化を図り、売上を確定させることが可能です。

これは、ファクタリング取引における“償還請求権なし(ノンリコース)”という法的効力であり、ファクタリング会社側も当該リスクは承知の上で買取可否や手数料を判断します。
正当な権利に基づいたリスクヘッジですので、多少の手数料を支払ってもまとまった売上を確定させたいといったシーンにおすすめです。

どんぶり勘定の修正も可能

ファクタリングには決算報告書や入出金明細等が必要なため、いい加減な会計処理を行っていた場合は利用することができません。
そのため「経営コンサルタント」や「財務状況改善のアドバイザー」を兼業するファクタリング会社も存在します。

これらのファクタリング会社を利用することで、資金調達と経営改善を同時に行える可能性があります。
どんぶり勘定の態勢を見直したい・資金調達と会計処理を正しく行いたいという農家の方は是非ご検討ください。

着実な資金繰りが重要

手押し車に積まれたお金

「田舎でのんびり余生を過ごすにもってこいの職業」
というイメージを持つ方が多い農業ですが、実情は全身全霊を掛けて向き合わなければ成功できない実力主義の世界と言えます。
さらに、天候や災害に左右されるという理不尽な面も多く、経営は不安定になりがちです。

不安定を少しでも減らすために、資金調達方法の確保・ファクタリングによるリスクヘッジなどを予め検討してみてはいかがでしょうか。