ファクタリング会社が多すぎて分からない…

ファクタリング業者が多すぎて悩む会社経営者

「ファクタリング」と、ヤフーやグーグルで検索するとファクタリング会社の広告やホームページが大量にヒットします。
当該ファクタリング会社のホームページには当然の事ながら、自社の良い部分の記載しかしておらず、他社との比較・違い等が利用者からは全く読み取る事ができず、信憑性を欠く内容の物も少なくありません。
では、どのようにファクタリング会社を選べば良いのでしょうか。

損をしないコツは「特徴を掴む」こと

ファクタリングは、ファクタリング方式、提供する債権の種類等によって買取額・手続き・スピードが異なってきます。
ファクタリングの特徴を上手く掴み、活用することによって、損をしない、迅速的な資金調達を可能にし、また、企業が最も望む資金繰りプランを実現する事を可能にします。

ファクタリング会社には各々特徴や強みがあります。

ファクタリング会社は、それぞれ得意な分野、債権業種を持っています。

【例】

・A社 2社間ファクタリングが強く、手数料が安く抑えられる
・B社 医療債権に強く、高額買取が可能かつスピーディに行える
・C社 3社間ファクタリングに強く、スピーディ

このように、ファクタリング会社によって特徴・強みは様々であり、会社の状況や、有している債権によって上手く使い分ける事で、最も損をしない資金調達を可能にします。
まずは会社の状況を把握した上で、ファクタリング方法(2社間ファクタリング・3社間ファクタリング等)から検討してみると良いでしょう。

比較する事が大事

スマホでファクタリング業者を比較する男性

ファクタリングに於いて「スピーディな資金調達」は当然の事ですが、債権の買取額には、ファクタリング会社の得意な債権業種によって大きな差異が生まれます。
スピード、ファクタリング方法に差が無い場合、手数料や最終的な手取額を比較すれば重要な判断基準となり、損をしない可能性が大きく高まります。
会社の状況に最も適したファクタリング会社を選ぶ事が望ましいという点は前述した通りですが、最も効果的に資金調達するには、ファクタリング会社の違いや条件を加味し、比較考量した上で最終決定を行う必要があるでしょう。

業者選びのポイントまとめ

①自社の状況を判断し、ファクタリング方法を選択する

ファクタリング方法(2社間ファクタリング・3者間ファクタリング)には、ファクタリング会社の得手不得手が存在し、買取額が異なる可能性があります。まずは対応しているかをチェックしましょう!

ABLについて補足説明する女性

ABL(債権担保融資)という選択肢も!

②現在有している債権はどのような種類か?

医療債権、建設業債権など業種債権と呼ばれる債権の場合、買取額がファクタリング会社によって大きく異なる場合があります。当該債権の得意な業者を探してみましょう!

③調達までに掛かる日数を計算する

即日入金、スピード入金等のプランの場合、手数料が高くなる傾向があります。また、審査が長引く可能性を考え、余裕を持った申し込みを行いましょう!

④業者を絞っていく

①~③で該当するファクタリング会社を探しましょう。当てはまる業者が多い場合、2~3社ほどに絞れればベストです。

⑤前払可能額の見積りを取ってみましょう

条件の合うファクタリングが見つかったら、まずは無料相談、見積を申し込みましょう。

⑥ファクタリング会社の決定

最終的な手取り額や入金日等を確認・比較し、ファクタリング会社を決めましょう!