個人事業主の方向けの資金調達

個人事業主(フリーランス)として活動されている方向けの資金調達方法や、方法別のメリット・デメリットを解説していきたいと思います。

個人事業でも使えるファクタリング!

金融機関からの融資

最もメジャーな融資方法ですが、個人事業主への貸付は未回収リスクが高いと見られがちなため、非常に審査が厳しいです。
ただし、金利が安く、長期間での借入・返済が可能なため、安定した経営状況となりやすい等の大きなメリットがあります。

助成金等の活用

日本政策金融公庫の創業融資や、国や地方公共団体からの助成金を活用するという資金調達方法です。
公的機関が行う融資のため、金利が安く、多額の融資を勝ち取れる可能性があります。

ただし、非常に審査が厳しく、膨大な資料の作成・提出が必要なため、専門家に作成・提出を代理してもらう形になるでしょう。
専門家に支払う報酬、審査が長期に亘ることを勘案すると、メリットが大きい分デメリットも大きい資金調達方法と言えます。

ファクタリング

中小企業を中心に人気が高まっているファクタリングですが、個人事業主の方でも利用することが可能で、手数料が安く、即日での現金化が可能なため、つなぎ融資として多く用いられます。
ただし、利用には一定の条件を満たす必要があり、審査も法人に比べると厳しくなるというデメリットがあります。

個人事業のファクタリングについて理解する女性

特に開業したてで与信審査が厳しい場合には、ファクタリングは強い味方となりますね!
審査は本人よりも売掛債権の信頼度で決まるのもポイントです。

銀行融資は審査が通りづらい

審査の厳しさでも名高い銀行融資

銀行や信用金庫は、融資した先が今後も継続して事業を行い、かつ、きちんと返済を行っていけるのかどうかを深く審査します。
具体的には、事業を営む代表者の確定申告書等(3期分以上)によって安定して事業が行われていることを確認した上、事業計画書でその事業が今後どのような成長が望めるのか等を判断し、融資の可否を決定するのが一般的です。

また、融資する資金の使途も審査の基準の一つであり、その融資によって事業にどのような影響を及ぼすのか、つまり設備投資等によってより事業の成長が望めるといった融資の理由も必要となってきます。
これらをしっかりと明確にし、準備を行った上で融資相談を行うことが望ましいです。

個人事業への銀行融資について理解する女性

法人でも設立日が浅い、直近決算が赤字だと銀行が首を縦に振ることはありません。
ファクタリングは小規模事業者にとって貴重な資金調達方法なのですね。

個人事業でもファクタリングは可能?

個人事業主は債権譲渡登記制度を利用出来ない、まとまった売掛債権が無い、といった理由からファクタリング取引に不向きとされてきました。
現に、ファクタリング業者のほとんどは個人事業主の方を敬遠している状況です。

ですが近年、債権の電子化に伴い、債権売買や担保融資等の取引は常識と化しており、個人事業主向けのファクタリングプランを打ち出しているファクタリング業者が増加している傾向にあります。
銀行や信用金庫等の金融機関から融資を断られてしまった方は、一度相談してみるのも一つの手かもしれません。

個人事業へのファクタリングについて説明するコンサルタント

昨今は個人事業主へも積極的にサービスを展開するファクタリング会社が増えています。
中には、在庫の買取や将来的な売上を現金化できるプランもあります。

個人事業主でも審査が通りやすい要件

個人事業主の方でもファクタリング契約が可能な事は前述の通りですが、法人に比べるとやはり審査は厳しい傾向にあります。
審査が通りやすい売掛債権は、以下に該当するものが挙げられます。

まとまった債権額があること

ファクタリングは100万円以上の債権額があることが一つの目安となっています。
理由としては、ファクタリングに要する費用として5万円程の費用が発生する事や、債権額に応じて業者に支払う手数料(債権額の〇〇%等)が変化するため、少額の債権だと利用者の手取り額が著しく安くなってしまう、ファクタリング業者の利益が少ない、といった三方一両損の関係となってしまいます。

しかし近年では、少額の債権でも出来るだけ少ない手数料にすることで利用者に還元したり、将来の債権を足した上での買取を行ったり、最低金額に届かせる等の柔軟な対応を行うファクタリング業者が増えています。
債権の状況を業者側に伝え、融資の可否を相談してみると良いでしょう。

優良債権であること

ファクタリング業者側は当然、回収の見込みがない不良債権で融資するわけにはいかない為、買取又は担保となる債権は返済の蓋然性がある必要があります。
優良と判定される債権の例として、売掛先との取引が反復継続して長期間に亘り行われていること、かつ、今まで行った売掛先との取引で、履行遅滞(売掛金等の入金遅れ)等が無いこと、などが挙げられます。

このように、個人事業主の方が有する債権でもファクタリング契約が出来る場合がありますので、対応している優良ファクタリング業者を根気強く探してみましょう。

個人事業へのファクタリング契約条件について説明するコンサルタント

ファクタリング業者もあまりに少額な案件は手間に対するリターンが少ないので、積極的でない印象があります。
100万円前後の債権であれば個人事業主でも十分利用可能といえるでしょう。