ビジネスローンとは

融資相談を受ける経営者

ビジネスローンとは銀行法又は貸金業法に則って提供される事業者向けの貸付サービスで、商工ローンや事業者ローン、プロパーローン、事業融資等と呼ばれることもあります。
銀行又は消費者金融、信販会社などが取り扱っており、銀行はその名の通り「銀行系」、消費者金融や信販会社の商品を「ノンバンク系」と区別されています。

銀行融資と並ぶ事業者から人気の資金調達法で、昨今はWeb完結契約やカードローンタイプなど利便性の高いサービスが人気です。

ビジネスローンの特徴

ビジネスローンの特徴は以下の通りです。

・利息制限法の範囲内による貸付
・担保無でも利用が可能(商品によって異なる)
・銀行融資よりも審査が緩め
・資金調達スピードが早い
・短期や少額融資に向いている

中でも、銀行融資よりも手軽に利用できるという点は大きなメリットです。
「銀行の審査に通らない会社が使うもの」と思われがちですが、少額利用又はスピーディーに資金調達したいといった理由からビジネスローンを選ばれるケースも多いと考えます。

なお、ファクタリングは「売掛先(取引先)が厳しく審査」されますが、ビジネスローンは「事業者側が厳しく審査」されるという点で大きく異なります。

ビジネスローンの審査基準

言うまでもありませんが、銀行や消費者金融は少しでも債務不履行リスクがある企業に対しては融資を実行しません。
そのため、ビジネスローンでは過去の実績(業績・売上・利益など)や資本金、事業規模が厳しく審査され、直近2~3期分の財務諸表・事業計画書・返済計画書等を提出し、将来の収益性・返済能力を証明する必要があります。

ただし、銀行融資に比べると審査は比較的緩やかというのも一つの事実です。
例えば、ビジネスローンも事業計画書・返済計画書の提出を求められるケースがありますが、商品によっては決算資料のみでOKというケースも珍しくはありません。
もちろん、如何に審査が比較的緩いとはいえ、赤字決算や創業初年度(決算期未到来)の場合は審査に通らないケースも考えられます。

利息・融資までの時間

さらに、ビジネスローンには「利息の幅が広い」という特徴があります。
例えば、銀行融資と同等の金利になることもあれば、消費者金融と同等の利息制限法上限付近の金利が適用されるなど、商品や借入先機関によってバラバラです。(一部の消費者金融では3~15%など店頭表示の金利幅が大きい)

一般的には、メガバンクやネット銀行等は低金利である一方で厳しい審査を経なければならず、消費者金融や信販会社からの借入は金利が高い代わりに審査が比較的緩やかとなっている傾向が見られます。

たとえ財務状況が良くても、実績がない(新規申し込み)場合は高めの金利条件となる可能性があるため、十分にご注意ください。
逆に、売上や利益が少ない場合であっても、滞りなく返済を繰り返していけば利用実績に応じて利息が優遇される可能性もあります。
融資完了までに要する時間ですが、銀行の場合は2週間程度・ノンバンクの場合は1週間程度掛かるものと考えておいた方が良いでしょう。

ファクタリングとの違い

まず、財務上の処理が大きく異なります。
具体的には、ビジネスローンは「負債の増加+資産の増加(金銭の借入に該当するため)」として計上されるのに対し、ファクタリングは「資産の減少+資産の増加(売掛金が減って現金が増えるため)」といった形です。

そのため、銀行融資の審査を控えているなどの理由で負債の比率を増やしたくない…といったご事情があればファクタリングの方が無難な選択と言えます。(もちろん、ファクタリングも審査に悪影響を及ぼす可能性がある点には留意が必要です。)

一方で、法律で手数料(利息)が決まっているビジネスローンとは異なりファクタリングには手数料の上限が無く、1回の利用で3~20%以上の手数料を取られるケースも珍しくありません。

ビジネスローンの利用事例

CASEと書かれた看板

ビジネスローンがマッチするシーンを以下の通りまとめました。
事例形式で分かりやすく解説しておりますので、是非ご参考ください。

事例その1~銀行融資が受けられない

A社は早急な設備投資が必要でしたが、銀行融資の審査が通りませんでした。
銀行融資の審査が通らなくてもビジネスローンであれば利用できる可能性があるため、ダメ元で申し込んでみることに。
ビジネスローンを専門に取り扱う消費者金融業者へ相談した所、銀行よりも利息が高くなってしまいましたが、無事融資を受けることに成功しました。

事例その2~簡易な手続きを優先したい

B社は売上が好調で銀行融資も十分に利用可能な財務状況でした。
しかし、3か月後には一括完済できるため、金利面では銀行融資もビジネスローンもほぼ変わらないという状況だったそうです。

銀行融資の場合は別途手数料が掛かる上に、必要書類も煩雑であるため、書類作成や申し込みの手間を考慮しビジネスローンを選択しました。
このように、申し込みや手続きの手間で生じる「機会損失」も考慮した上で検討すると良いでしょう。

事例その3~つなぎ資金としての活用

C社は1,500万円の資金を早急に調達し、かつ長期的な返済を希望していました。
銀行融資は1~2か月ほどの時間がかかるため、まずはビジネスローンで借入をして直近の資金問題をクリアすることに。
その後ビジネスローンの借入金は銀行融資から借換をする形で完済しました。

このように、スピードに優れているビジネスローンはつなぎ資金として活用されるケースが多くなっています。
ただし、ビジネスローンの利用によって財務状況が悪化し、銀行融資を受けられなくなる可能性がある点には注意が必要です。

事例その4~反復継続した利用

D社では、従業員の給料・仕入・外注費のなどの支出の際に、数万円から数十万円のキャッシュ不足が発生する状況が頻発していました。
そこでカードローンタイプのビジネスローンを契約し、必要な都度ATMから借入と返済を繰り返して対処しました。

ピンチの際のセーフティネットとしても活用できますので、財務状況が良いうちにカードを発行しておくのも一つの手です。
もちろんファクタリングでも同様の活用法が可能ですが、売掛金によって手数料は変動するため、どちらが優れているとは一概には言えません。

シーンに応じた使い分けを

ファクタリングかビジネスローンかで迷う男性

以上の通り、ビジネスローンとファクタリングにはそれぞれメリット・デメリットがあることをご理解いただけたと思います。
似通った点が多い両者ですが、

手数料や利便性・反復継続した利用を予定しているのであればビジネスローン

審査に通る見込みが無い又はとにかくスピードを重視したいのであればファクタリング

といった形で上手に使い分けましょう。

また、財務諸表上の見栄えを良くしたい・悪化を避けたいといった背景があれば、負債比率が増えないファクタリングの方がおすすめです。
どのような会計処理になるのか、財務状況を改善するにはどのように対処すべきか、財務コンサルタントを兼業するファクタリング会社に一度相談してみてはいかがでしょうか。