「でんさい」とは?

でんさいネットのロゴ

「でんさい」とは電子記録債権の略称で、手形や売掛債権を電子化したものを指し、各々の有するリスク・問題点を克服した新たな金銭債権として期待が高まっており、銀行や信用金庫等の金融機関が有するインターネットの決済システムを「でんさいネット」と言います。

でんさいは、従来紙ベースで行われていた債権が有していた危険性を克服しており、個人事業・中小企業・大企業を問わず、債券・証券取引の活発化に繋がるとみられています。紙ベースで取引されてきた債権・証券の代表例として「手形」が挙げられます。

手形とは

手形とは、約束手形や為替手形の総称として用いられ、一定の権利・資格を証明する書面や割符の事を指し、主に、代金支払いの信用取引として利用されています。
例えば、商品を購入した場合や役務を提供した場合(工事の完了等)の代金を2~3か月に支払うケースなどです。
手形を発行する企業は(代金を支払う側)、債権者に対し代金を支払う旨を約した証書を発行し、記載された満期時までにその代金を決済します。

手形取引のイメージ

手形のリスク・電子化のメリット

手形は証書によって交付するため、紛失・盗難といったリスクがあり管理が難しく、また、手形は課税文書に該当するため印紙税の対象となり、対費用効果が悪いといったデメリットがありました。
つまり、債権を電子化することにより紙を使用しなくなるため、紛失・盗難の心配がなく、印紙税も掛からなるという利点が生まれ、パソコン等での一括管理が可能になり、整理もしやすくなるのです。

「でんさい」について説明するコンサルタント

「でんさい」はいわば、電子版手形です。
ファクタリングの前身である手形割引があったように、現代では「でんさい割引」と呼ばれるサービスも存在しています。

ファクタリングとでんさい

債権電子化しのメリットの一つに、ファクタリング取引をスムーズに行いやすい、という点が挙げられます。
電子化された債権は銀行のシステム(でんさいネット)を通じて管理、確認する事ができ、この債権はパソコン等からいつでも、どこにいても譲渡する事が可能なためです。

いつでもどこでも取引可能な「でんさい」

ただし、支払いを行う企業及び支払い先企業ともに登録された口座を用いる必要があるため、ファクタリング業者と新規で取引をする場合には改めて契約を締結する必要がある点に注意が必要です。

でんさいのデメリット

でんさいの登場により、手形の管理や紛失リスク等は無くなりましたが、他の手形リスクについてはそのまま残存することになります。
つまり、従来の手形のリスクはそのままでんさいのリスク・デメリットであると言えます。

手形のリスク

手形は信用取引であるため、物的担保や保証人等を要さずに代金の支払いを猶予します。この間、債権者は商品を渡したのにも関わらず、代金が支払われないという不安定な状況となってしまいます。
つまり、この間(概ね2~3か月ほど)に債務者が倒産・債務不履行状態に陥ってしまうと、債権者はもはや回収することが不可能となり、結果商品代金を丸々損してしまうこととなってしまいます。
現に、企業が倒産する一番の原因は取引先の不渡りによる売掛金未入金が引き起こす連鎖倒産(黒字倒産)であり、会社運営において最も大きなリスクと言っても過言ではありません。

黒字倒産する会社

黒字倒産とは

先ほど出てきた「黒字倒産」という言葉ですが、これは文字通り会社が黒字(損益計算書上は利益が出ている)状態なのにも関わらず、会社が倒産してしまう状況を指します。

黒字倒産が起こる原因

サービスを提供しその対価として代金が会社に入金される場合、会計上、収益(売上)及び資産(売掛金・未収金等)が増えますので、売上があればあるほど会社の収益・資産が増え、損益計算書上、会社は利益が出ている会社であり、よりお金を持っている会社であるという事が言えます。
帳簿上は黒字なのにも関わらず会社が倒産してしまう原因としては、キャッシュフローと流動資産比率の減退が原因の一つとして挙げられます。

キャッシュフロー、すなわち現金が回らなくなり、買掛金や税金・各種経費等の支払いが滞ってしまい、不渡り・債務不履行に陥ってしまい、損益計算書上は利益が出ている状態(黒字)なのにも関わらず、会社が倒産してしまうのです。

ファクタリングによるリスクヘッジ

こういった黒字倒産を防ぐ手段の一つとして、ファクタリング等の活用が挙げられます。ファクタリングは債権そのものを譲渡・売却するため、キャッシュフローの改善、取引先の倒産リスクを未然に防ぐ、といった効果があり、インターネットの普及・債権の電子化・でんさいネットの登場により、中小企業の資金調達方法として益々利用が増加する事が見込まれています。

ファクタリングの強みについて理解する女性

売上は立っているのに、キャッシュフローが追いつかない…
ここを乗り切れば軌道に乗るのに…
そんな時に特効薬として使えるのもファクタリングの強みですね!