リスクの高い貿易業

貿易で使われている貨物コンテナ

海外を相手にする貿易は、国内の法人を相手にするよりも為替リスク・人的リスク・契約トラブルといった、多くの“リスク”を抱えています。また、小物であれば飛行機輸送で対処することもありますが、全般的にはコンテナによるフェリー輸送の方が多く、到着や手配に時間を要して支払いサイトも長めになりがちといった経営上のデメリットもあります。
さらに、ファクタリングでは輸入よりも輸出の方がより高度な専門知識を要するため、通常の民間ファクタリング会社では対応してくれない事例も多いです。なお、輸出の場合は“国際ファクタリング”を利用する流れになりますが、国内法人に対して有する債権を利用する場合と比べて申込時に求められることが多くなります。

国際ファクタリングの仕組み

利用する金融機関やファクタリング会社によって異なりますが、「輸出代金」を利用したファクタリングをする場合、銀行の取消不能信用状や保証状を用意した上、輸出国における輸出貿易保険を利用することが最低条件となります。
また、輸出を証明するための「輸出船積書類等の写し」もご用意頂く必要があるため、提出書類は通常のファクタリングに比べて非常に多く“厳しい条件を満たすことではじめて審査に申込ができる”という点が国際ファクタリングの特徴です。さらに、取消不能信用状は大手銀行のものでないとNGである事がほとんどであり、輸出先の国の信用度によって条件や審査の通りやすさは変わってきます。

通常のファクタリングとの違い

基本的に最低限の利用基準が厳しいので、民間ファクタリング会社では一般的な“赤字決算OK”“税金滞納もの利用可能”といったような柔軟性は期待できません。国際ファクタリングは日本のファクタリング会社と取引先のファクタリング会社が連携して保証する仕組みになっていますので、まずは日本で貿易を中心にした国際ファクタリングに強い会社へ相談し、利用可否や申請書類の確認をすることから始める必要があります。

貿易業は信頼が重要

信頼関係のある取引相手

海外と取引をする場合は未入金リスク、輸送リスクといった“リスク”が多い上に、為替や輸送費(原油相場)の変動によってコストが変化するため“不確定要素”が多くなっています。また、遠くの国と取引するにあたって、支払いの遅延や契約の不履行があると一気に信頼を失ってしまい、継続的な取引が出来なくなってしまうという恐れもあります。そのため、輸出入を問わず貿易によるビジネスは、国内の法人数社と提携したり予め仲介業者が間に入ったりといった特殊な取引関係となるケースが多く、国内で完結する取引よりもトラブルに発展する事例が多いです。このような事情から周りの提携企業や元請・下請け・取引先から不安を抱かれている事がほとんどであり、支払いの遅延や契約不履行は契約や取引を進める上で致命的であると言えます。

ファクタリングでリスクヘッジ

そのリスクの高さから特に代金の話はシビアに捉えられてしまい、例え正当な理由があっても、支払いや発注・手配が送れると信用を失いやすい業界です。国内の取引先にも不安を抱かれやすい業種だからこそ、何かあったときでも迅速に対処することが求められます。必要に応じて国内の取引先を相手に民間の2社間ファクタリングを活用し、支払いの遅延を予め回避するのも効果的です。なお、扱う商材とやり方、貿易先の国にもよりますが、リスクが高い一方で利幅も大きいのが貿易業の特徴です。ファクタリングの手数料等の小さな運営コストを惜しまず、契約を何としても履行し“信頼”を勝ち取る事が事業を継続していく上では何よりも重要です。