少額ファクタリングの先駆者「ウィット」

少額ファクタリングのパイオニア「ウィット」HP

ファクタリングが登場して間もない頃から「少額ファクタリング」「小規模事業者向けサービス」「スピード」に着目し、多くの中小企業から支持を獲得しているウィット。
“薄利多売”をファクタリングに落とし込んだ経営スタイルは、個人事業主をはじめとした数多くの企業を窮地から救ってきたという実績があります。
ファクタリングのパイオニアとも言える同社への取材が遂に実現しましたので、ご紹介させていただきます。

ファクタリングの基礎について

Q本日はご協力くださりありがとうございます。
お忙しい所恐れ入りますがよろしくお願い致します。
早速ですが、ファクタリングによる資金調達はどのようなシーンで有効なのかをお聞かせいただいてもよろしいでしょうか?
Aこちらこそよろしくお願い致します。お答えいたします。
ファクタリングには「融資では無い為、与信審査がほとんどない」「負債を増やさずに資金を調達できる」等のメリットがございます。
また、当社のファクタリングは「即日現金化」をコンセプトにしておりますので、直ぐに資金難を解決できるという点もメリットです。
そのため、例えば
急遽入金の予定が変わってしまった
資金繰りが間に合わない
といった際に、パフォーマンスを発揮する資金調達だと言えます。
Qなるほど、銀行は赤字の企業に対して非常に冷たいですからね…
負債とならないのは大きなメリットですね。ちなみにですが、赤字・債務超過・税金滞納といった事態に陥っている場合、審査にどのように影響するのでしょうか?
また、併せてご利用時の手数料等についてもお聞かせください。
A原則として全て審査に影響はございません。
ファクタリングの審査ではクライアント様の取引先である“債権の売掛先”に対する調査がメインであり、ご利用いただく企業様の財務状況は問題にならないためです。
したがって、的確なアドバイスをお贈りするためにも、ご状況を正直にお答えいただくことが望ましいと考えます。
手数料につきましては債権の性質や種類によっても異なりますが、2社間ファクタリング5%~15%3社間ファクタリング2%~5%が大まかな目安となります。

どのような企業に利用されている?

Q個人事業主でも利用は可能でしょうか?
また、このような事業形態では利用不可というケースがあればお聞かせ願います。
A事業者様であれば、個人法人問いません。
ただし、ファクタリングは融資ではございませんので、当然ですが売却するための「売掛金」が無いとご利用いただくことができません。
余談ではございますが、お問い合わせいただいたお客様の中には売掛金が無いと思い込んでらっしゃる事業者様も多くいらっしゃいます。
お問い合わせいただければ「どのくらいの売掛金があるのか」「どのくらいの金額で買取が可能なのか」等をすぐにご連絡させていただきますので、まずはお問い合わせください。
Qウィット様と言えば「少額ファクタリングに対応」という点が大きな強みかと存じますが、具体的にはどのような業種のクライアント様が多いのでしょうか?
ご利用いただく企業様の「業種」の割合や最近増えている業種等がございましたらお教え願います。
Aお答えいたします。
弊社では「建設業4割、小売業(特にネット販売業)2割、ITシステム開発業2割、運送業1割、その他1割」となっております。
もちろん時期によって多少の変動がございますが、最近ですとIT関係(広告代理業含む)が増えたように感じております。また、ご利用いただくクライアント様の多くが「30~500万円」の所謂“少額ファクタリング”をご希望されています。
Q即日対応を基本とするウィット様ならではの利用層と言えますね。
なお、お買取をお断りしている債権等がございましたら、お教えください。
Aファクタリングはあくまでも未だ入金がなされていない債権を現金化するものです。
そのため、入金期日が過ぎているなどの「債務不履行に陥っている債権」はお買取をお断りさせていただいております。
また、最近よく耳にする「給料・賞与」等につきましても、弊社ではお買取をお断りしております。
恐れ入りますが、予めご了承いただければ幸いです。

必要書類・タイムスケジュール

Q申し込みから振込までの流れを具体的にお聞かせください。
また、手続完了までの期間の目安も併せてお教えいただければと存じます。
Aお電話にて簡単に「希望される調達額」をお伺いし、その後資料をお送りいただきましたら審査に移らせていただく流れとなります。
結果及び手数料をお伝えし問題が無ければご契約となります。
(基本的には非対面でのご契約となります。)

【イメージ】
①申し込み→②資料徴求→③審査→④契約(登記手続※)→⑤お振込み
※クライアント様によっては登記を省略することもございます。


予め書類をご準備いただけるとよりスムーズです。
また、手続完了までに要する時間でございますが、資料到着後最短でご新規様は2時間程・再契約のお客様は30分程となっております。
Qご契約の際にどのような資料を確認しているのかをお教えください。
同資料が用意できなかった場合の対処等も併せてお願い致します。
A原則として売掛金の額が分かるもの及び売掛先様との取引履歴が分かるものをご用意いただいており、前者は「請求書」「契約書」、後者は「入金履歴が分かる預金通帳」等が代表的です。
なお、取引履歴がない“初入金の売掛金”や、直接現金で受け取っており“通帳にて入金履歴が確認できない”といった場合でも柔軟に対応させていただいております。
「何をご用意いただくか」ではなく「何がご用意いただけるか」という理念のもと、クライアント様に応じて臨機応変にご案内させていただいておりますので、他社様に断られてしまった場合でも是非一度お問い合わせくださいませ。
Qウィット様であれば「エビデンス資料が用意出来ず契約に至らなかった」というリスクを回避できるということですね。
東京を中心に活動されているウィット様ですが、他道府県からお申し込みが入った場合どのように対応されていますか?
A同じ事業であっても、地域によっては商習慣や事業内容が大きく異なる可能性がございます。
当該差異に迅速且つ柔軟に対応していくために、東京以外にも福岡・仙台に支店を設けさせていただきましたので、現在では東北を含めた東日本エリア、九州を中心とした西日本エリア等の日本全域をカバー出来るようになりました。
また、近年ではITの発展により、メールやSkype等を活用することで遠方の事業者様でも近隣の事業者様と変わりなく対応することが可能となっております。
非対面によるファクタリングサービス」は弊社の特徴及びメリットの一つですので、遠方の企業様も是非お気軽にお問合せいただければ幸いです。
今後も精力的に支店拡大を目指し、どの都道府県のお客様からのお問い合わせでも最適なご提案ができるよう努める所存です。

ウィットの特徴とは?

Qファクタリング会社が年々増えておりますが、ウィット様が“他社との差別化”を図っている点等ございましたらお聞かせ頂ければと存じます。
A“手数料”“スピード”はファクタリングを行う上で非常に重要な指標です。
しかしながら、弊社では“ただファクタリングをしてもらう”のではなく“ファクタリングをどのように活用していただくか”が重要だと考えております。
企業様のお悩みや改善すべき点は各々異なりますので、お取引を行う上でそれらをどう改善していくかを見抜くための「プロの目」が必要です。
弊社では、スタッフ全員に“クライアント様のお悩みをどれだけ自分事に出来るか”という理念の元、各事業に関する研究・勉強を実施しております。
「〇〇だから出来ない」ではなく「○○すれば出来る」という答えのみをお問合せいただいた事業者様に提供し続けていることが、弊社の最大の強みだと自負しております。
Qレベルの高い的確なアドバイスが受けられれば、クライアント様の財務状況改善の可能性が大きくアップするという訳ですね。
最後に、ウィット様だからこそ出来たファクタリング事例等があればお聞かせください。
A少額のお申し込みのお客様や設立して間もないお客様、初入金の債権、現金手集金、入金日までのサイトが長い(60日間)などの特殊なケースであっても、弊社であればご利用いただくことが可能です。
他社で断られてしまった
手数料が高すぎて赤字になってしまう
などのお悩みを一緒に解決させていただくことも私どもの使命です。
どのような案件でございましても、決して諦めず弊社にご相談ください。
共に悩み、共に歩み、共に成長していく所存で事業に邁進致しております。

ウィット様、本日はお忙しい所ありがとうございました。

今回ご協力を頂いたファクタリング会社

会社情報
ウィット本社外観
会社名 株式会社ウィット
所在地 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二山本ビル5階
連絡先 TEL:0120-85-6083
(受付時間9:00〜19:00)
業務内容 ・経営コンサルティング
・ファクタリング事業
ウィットの詳細はこちら