トライ~即日対応のファクタリング会社

株式会社SKOの入り口の看板

トライは、上野を本拠に構える「株式会社SKO」が運営するファクタリング会社です。 経営者の集会所のような側面も有している地元密着型の企業であり、地元周辺企業からの支持が非常に厚いという特長があります。

トライのファクタリング手数料・必要書類・振り込みまでの日数といったサービス概要をはじめ、ファクタリングの基礎知識や有効なシーン等について取材しました。

ファクタリングはどのような取引?

インタビューのイメージ画像
Q本日はお忙しいところありがとうございます!
はじめに、ファクタリングによる資金調達がどのようなシーンで有効なのか、トライ様の見解をお聞かせください。
Aこちらこそよろしくお願いいたします。
なんといってもファクタリングの魅力は「スピード」でしょう。
銀行融資は決済までに数か月を要することも珍しくはありませんが、弊社のファクタリングは最短即日の現金化が可能であり、資金調達スピードが全く異なります。
また、ファクタリングには「利用しやすい」という利点もあります。
例えば、赤字続きで財務状況が悪かったとしても、売掛先の信用力が高ければご利用が可能です。
仮に銀行融資を断られてしまったといった状況であってもご利用に影響を及ぼすものではありません。
Q「スピード」「利便性」がファクタリング持ち味なのですね。
なお、ご利用企業様の中には赤字又は債務超過、税金滞納・銀行とのリスケジュール中といったご事情を抱えているかと考えます。
このような状況の場合、審査にどのように影響を及ぼすのでしょうか。
A前述した通り、原則としてご利用企業様の財務状況につきましては審査になんら影響を及ぼすものではありません。
ただし、税金滞納中かつ分納履歴が確認できないといったケースの場合、入金時に差し押さえを受ける可能性があるため、売掛金の買取をお断りするケースがございます。
もちろん、差し押さえられるリスクが無いということを何らかの形で確認できれば、ファクタリングはご利用が可能です。
また、個人の方から「信用情報に傷がある状態(ブラック)だが利用可能か」とのお問い合わせを多くいただきますが、こちらもご利用に問題はございません。
Q個人事業主の方をお断りされているファクタリング会社もございますが、トライ様はいかがでしょうか?
また、利用不可な事業形態がありましたらお聞かせください。
Aもちろん、個人事業主・フリーランスの方でもご利用が可能です。
ただし、その場合は「取引先が法人であること」が条件であり、個人事業主に対して有する売掛金ではファクタリング契約を結ぶことが出来ません。
売掛先が個人なのか法人なのかが分からない…というお客様は、弊社スタッフが丁寧にお答えいたしますのでお気軽に問合せ・ご相談ください。
なお、事業形態でフィルターを掛けるということはなく、例えば一般社団法人・NPO法人などの非営利団体であってもご利用いただくことが可能です。
Q基本的にはどのような企業様もご利用いただけるということですね。
なお、トライ様にご相談に訪れる企業様にはどのようなビジネスを営む会社が多いのでしょうか。
Aご利用企業様を業種で分類しますと建設業が40%、卸売り・小売業が20%、製造業が20%、運送業が10%、その他が10%といった割合です。
これらの企業様に共通している点として、「掛取引」が習慣的に行われている・売上のために仕入れや下請企業への支払いを要する等が挙げられます。
これらの資金はすぐに用立てる必要があり、銀行借入や株式発行等の時間のかかる調達方法ではビジネスチャンスを逃す可能性があります。
「売上をさらにアップさせるための資金繰り」として、ファクタリングはこれらの業種の企業様から多く利用されています。
Qファクタリング手数料を支払ったとしても、それ以上に売上が見込めるのであれば理に適った資金調達と言えますね。
なお、2020年に民法が改正され譲渡禁止特約が無効なりました。
「クレジットカードの売上」は譲渡が禁止されていたと認識しておりますが、今回の改正を機にファクタリングが増えるのではないでしょうか。
Aたしかに、クレジットカード売上は「クレジットカード会社に対する未収金」になりますので、規約によって債権譲渡が禁止されていました。
しかしながら、今までも2社間ファクタリングでご利用される企業様が多くいらっしゃいましたので、爆発的に増えるということは無さそうです。
ただ、クレジットカード会社に堂々と「債権譲渡をした」という連絡ができますから、3社間ファクタリングの活用は多くなると予想しています。
Q3社間ファクタリングの方が手数料は低いため、利用の幅が広がりそうですね。
なお、クレジットカード債権の場合、他の売掛金とどのような違いがあるのでしょうか?
Aクレジットカード売上は、利用者では無くクレジットカード会社に対して有する債権ですので、基本的には他の売掛金と相違はありません。
ただし、ファクタリングによってキャッシュインは早くなるものの、クレジットカードの決済手数料とファクタリング手数料が二重で引かれることになりますので、慢性的な利用は非常に危険です。
銀行融資が決まっている・まとまった現金が得られる予定がある等、一時的なつなぎとしてファクタリングを活用するのは問題ありませんが、ただ目先の運転資金のためのご利用はお勧めできません。
Qクレジットカードの決済手数料は非常に高いですから、繰り返し利用すると売上がどんどん減っていってしまいますね…なお、飲食店と言えば「新型コロナウイルス」の影響によって時短営業が余儀なくされておりますね。
ファクタリング業界にはどのような影響があるのでしょうか。
Aまず、企業の数そのものが減ってしまっている印象です。
ファクタリングは、ご利用する企業様とそのお取引先様があってはじめて成立する金融サービスですので、企業数の減少は業界にとって大きな痛手と言えます。
しかしながら、その分給付金や補助金の交付、無金利での貸付け等が積極的に行われおり、それまでのつなぎ資金ということでファクタリングをご活用くださる企業様も多くいらっしゃります。

ファクタリングに必要な書類

株式会社SKOの応接スペース
Qトライ様と言えば「即日対応」をモットーにしておりますね。
申し込みから振込までの具体的な流れや、何時までに書類を準備すれば即日中のお振込みになるか等をお教えください。
A弊社では、以下の手順にてお取引を進めさせていただいております。
取引の流れ
① Webサイト・メール・電話・FAX・LINEからお申し込み
Webサイトからは専用フォームがございますので、そちらに簡単な情報と連絡先を入力しお送りください。また、LINEからでもお申込みは可能です。

② 簡単なヒアリング
お申込み内容をご確認後、トライからお客様へご連絡を差し上げます。売掛金の内容やご希望額などをヒアリングさせていただき、審査に必要な書類をご案内いたします。

③ 審査
請求書、発注書、契約書と、お取引先様に関する審査を行います。この際「ご請求書」「発注書又は契約書」「売掛先住所・連絡先がわかるもの」「取引銀行口座三か月分の通帳」が必要になりますので、FAXやメール、LINE等でお送りください。

④ 審査結果のご案内
審査結果及び規約内容に関するご連絡を差し上げます。審査回答後、ご契約時に必要な書類をあらためてご案内いたします。

⑤ ご契約及びお取引内容のご説明
契約者様にご来社いただき、契約に関するご説明をさせていただきます。その際に金額、手数料等の条件をご案内いたしますので、ご同意いただければそのままご契約となります。来社が難しい場合は、弊社スタッフが出張し、お手続きいたします。

⑥ 買取金のお振込み
契約手続き終了後、ご指定口座へ買取金をお振込みいたします。

以上が一連のお取引の流れとなります。
なお、即日でのお振込みをご希望される場合は以下の条件を満たす必要がございます。

・営業日の午前中にお電話で申し込みをいただく
・前述した「審査用書類」及び後述する「契約用書類」を予めご準備いただく

こちらの条件をクリアしていただければ、即日でのお振込みが可能です。
Qご利用時必要となる書類・確認資料をお教えください。
また、お申し込みから手続き完了までの期間の目安も併せてお願いいたします。
A弊社では、ご利用の際に以下の書類をご準備いただいております。
審査時に必要な書類
 売掛先との基本契約書・発注書・請求書一式(3か月分)
 売掛先の住所・連絡先のわかるもの(名刺など)
 取引銀行口座(普通・当座 3か月分)

ご契約時に必要な書類
 個人通帳の写し(3か月分)
 納税証明書(完納・分納)
 決算書(2期分)※法人の場合のみ
 法人登記の履歴事項全部証明書(3通)
 法人の印鑑証明書(3通)
 代表者様個人の印鑑証明書(1通)
 住民票(家族構成記載のもの1通)
 公的身分証明書(運転免許所・パスポートなど)
 会社及びご自宅の賃貸契約書・不動産謄本
 会社及び代表者様個人の実印・社判

なお、お取引に要する日数は即日~3日程で完了します。
お客様のご希望に沿う形で進めさせていただきますので、何なりとお申し付けください。

ファクタリング手数料及びその他サービス

サービスを提供するビジネスマン
Qトライ様は周辺地域の企業様からの多くの支持を得ていると認識しております。
他道府県からもお申し込みが入ることもあるかと存じますが、その場合はどのようにご対応されているのでしょうか?
A弊社ではオンライン型のお取引は原則として行わず、直接顔を合わせてのお取引のみとさせていただいております。
なお、他の道府県の企業様からお申し込みが入った場合は、弊社スタッフが出張にてご対応させていただきますのでご安心ください。
また、審査時にのみ来所していただき、ご契約はクラウドサインによるオンライン契約を採ることも可能です。
Qお忙しい企業様にとって大変ありがたいサービスですね。
2社間ファクタリング及び3社間ファクタリングそれぞれの手数料の目安についてお教えいただいてもよろしいでしょうか。
Aトライでは、2社間ファクタリングで10~15%・3社間ファクタリングで5~10%程度に収まることがほとんどです。
しかしながら、債権の性質や決済期日、売掛先の信頼等によって手数料は大きく変動しますので、この限りではありません。
詳しくは審査後にご案内させていただければと存じます。
Qトライ様は財務コンサルタントも兼業されておりますが、具体的にどのようなアドバイスをなさっているのでしょうか。
その他「強み」「アピールポイント」がございましたら是非お聞かせください。
Aファクタリングは、利用した「後」が非常に危険です。
手数料の影響によって本来の入金額が減ってしまいますので、繰り返しの利用は逆に企業の体力を弱めてしまいます。
トライでは、サービスご利用後の資金繰りに関するアドバイスをはじめ、ファクタリングを継続して利用すべきか、ほかの現金調達方法との比較など、様々な視点から資金繰り方法をコンサルタントしております。
ファクタリング会社ではありますが、ご相談企業様にとって最も良い選択をしていただきたいため、必ずしもファクタリングを勧めてはおりません。
また、BtoBの紹介サービスを実施することで、お客様同士のマッチングによって新しいお仕事や事業の獲得、展開のお手伝いもしております。
資金面だけではなく、様々な側面から安定した経営を目指すためのサポートを行っておりますので、是非ともご活用くださいませ。
Qファクタリング以外の資金調達方法もご提案しているのですね!
ファクタリングだけではなく、財務改善を行いたい企業様に広くマッチするサービスであると感じました。
さいごに、弊社だからこそ実現できた!といったファクタリング事例がございましたら、是非お聞かせください。
A広島県で事業をされている企業様から「どうしても本日中に800万円必要」「他社はどうしても最低1日はかかる」というご相談をいただきました。
午前中にお問い合わせをいただいたのですが、弊社に来所していただくとなるとどうしても振り込みは翌日になってしまいます。
すぐに審査部に稟議を通した上で広島へ発ち、無事午後過ぎには無事到着。
移動中に審査も完了し、必要書類は大急ぎで取得していただけたため、当日中にご契約及び800万円をお振込みすることができました。
他のファクタリング会社では難しい事案ではないかと自負しております。
他社で断られてしまった案件であっても弊社ならお取引可能な場合がございますので、まずは是非ご相談ください。

トライ様、本日はお忙しいところありがとうございました。

臨機応変な対応やリーズナブルな手数料設定など、老舗ファクタリング会社ならではの魅力を非常に強く感じました。

新しいファクタリングサービスが続々と登場しておりますが、老舗が持つ安心感・実績は大きなアピールポイントと言えるのではないでしょうか。
地元企業をはじめ、他都道府県の企業、即日での入金をご希望される企業など、様々な企業にマッチするファクタリング会社です。

ご協力いただいたファクタリング会社

会社情報
株式会社SKOが入ったビルの外観
会社名 株式会社SKO
所在地 東京都台東区東上野2-21-1
ケーワイビル4F
連絡先 TEL 0120-305-186
(24時間365日受付中)
業務内容 ・ファクタリング事業
・コンサルティング事業
トライの詳細はこちら